■ダウンロード
種類 仕様 データ容量 ダウンロード Ver.
カテゴリ:コンテナ
12ft用
2段5列
326KB
12ft用.v5t 140223
カテゴリ:コンテナ
20ft用、ISO20ft用
2段3列
328KB
20ft・ISO20ft用.v5t 140223
カテゴリ:コンテナ
30ft用
2段2列
326KB
30ft用.v5t 140223
カテゴリ:コンテナ
ISO40ft(ハイキューブ)用
2段1列
326KB
ISO40ft用.v5t 140223
設置例のレイアウトファイル

※このレイアウト内にある
複数の自作コンテナが
自身のPCに登録されていない場合、
同時に登録されますので、
ご注意ください。
7.10MB
コンテナ2段設置例.vrx 140223
■HOW TO 設置
これらはストラクチャーではありません。
「車両」です。

よって、レールを敷き、編成を乗せてください。
コンテナ2段用のレールを、
右クリックで「表示なし」にしてください。

レールの頂点位置が
コンテナの底の高さになっています。


(バラストレールの場合であれば)
レールの高さを-6mmにして、
レールの頂点が地面の高さと同じになるように
してください。

【編成エディター】
「コンテナ」に入ってます。


「ダミー編成」にチェックを入れておくと
誤って操作して「2段コンテナが走り出す」
というような事態を防げます。

あとは好きなように
コンテナを積んでください。

■12ft用の注意点
12ft用は、
19Dなど用(高さ2.5m)と
20Dなど用(高さ2.6m)のコンテナが
混在できるように設定してあります。
しかし、
コンテナを載せようとすると
コンテナ2段目の位置を示す赤線が、
右図のようにダブルで表示され、
どっちに載せているのか
分かりづらくなります。
そんな時は、
筆者の感覚での話ですが、
上半分の位置にマウスを合わせれば、
20D高さの上に載り、
下半分の位置なら、
19Dの高さの上に載る感じです。
■30ft用の注意点
30ft用は、
高さの違うコンテナが多いため、
高さ2.6m固定となっています。
2.6m高以上のコンテナだと
間が詰まったりしますが、
■補足 登録してあるコンテナ位置
■12ft用

■20ft、ISO20ft用

■30ft用

■ISO40ft(ハイキューブ)用